過去の記事は、こちらからご覧いただけます。

2013年02月12日

明後日は大安

新車が2台届きました。
  DSC00449.JPG
両方ともダイハツに見えるけどトラックはサンバー、拘りの選択です。

今夜は雪の予報が出ていますが、いきなり雪を積もらせる訳にはいかないので工場内で保管
    DSC00450.JPG
でもキチキチでこんなクリアランス

明日納車準備をして、大安納車を目指します。


病み上がりの1級オネエへ
      DSC00451.JPG
オレのはこんな感じ、埼玉の整備振興会が組み立てキットとして講習に使っていたものらしい

まだあるかもしれないよ
posted by じんちゃん at 19:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 国産車整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月08日

スゲー簡単

エンジン始動不良のアリストはフューエルポンプ制御とダイアグは点検済み、でもチャンと調べてみたらコネクタを短絡して故障コードを読み取る場合、エンジンチェックランプじゃなくてSNOWランプの点滅で読み取るそうですがそんなこと全く知りませんでした。

だからエンジンチェックランプの点滅コードは99で???本来は80番台までしかありません。

SNOWランプは一定周期で点滅してたのでやはり正常コードでした。


今度は燃圧点検
  DSC00271.JPG

イグナイタ電圧点検
    DSC00272.JPG
 
じゃあ点火信号は
      DSC00275.JPG
なんだか微妙な波形ですがノイズじゃありません。

とここで初めてプラグを外してみると時々点火で?

イグナイターの単体点検方法はないのでこれで決まりかと思ったけど、カブッてないし初爆すらないのでインジェクター波形を点検・・・・アブネ〜インジェクター出力していませんでした。

じゃあ回転信号は
        DSC00285.JPG  DSC00287.JPG
キレイにECUに入力されているのでECU不良確定、蓋を開けても異常個所なんて見つかりませんでした。


新品は¥140000という訳で、中古を手配
  DSC00374.JPG      
もしかして掛かったりしてなんて希望を持ちますが、掛かる訳もなく・・・

でも今度はECUに接続できました。
    DSC00375.JPG

そこでイモビの追加登録なんてことにチャレンジ
      DSC00376.JPG      
DS708はこんなことも出来るんですね。

しかし何度登録してもここから先に進めません。
        DSC00385.JPG
マニュアルでの登録方法を試してもダメ

あーでもないこーでもないとしてるうちにセキュリティーランプの点滅を見てたら気が点きました。


という訳でモゾモゾで始動成功

無事に掛かったあとは動かすことも大切です。
          DSC00388.JPG
VSCランプが点灯してしまうので、ステアリングの0ポイントをキャリブレーションして完成

つまりエンジンチェックランプの点滅コード99は正常とも言えるでしょう。
posted by じんちゃん at 19:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 国産車整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月07日

独自路線

車検のエスティマは走行中テレビが見たいそうです。

くれぐれも運転手さんは見ちゃダメですよということでハーネス加工
  DSC00396.JPG
これで走行中でも早見優が見られます。


今日は整備主任者講習でした。

ホンダのCR-VのAWDの機構の説明で、講師が”24ピンのデータリンクカプラー”を連呼していたので聞いてみたら、今のホンダ車は24ピンが当たり前みたいでビックリ!

グローバルじゃなく独自路線を突き進むんですね〜

☆本日のいただき物
    DSC00397.JPG
1/18のGT3R、カッケー♪ H様ありがとうございます。

◎本日のコロッケおじさん
事務所の電気が点いてるのを見て酒とツマミ持参でご来店、ブログの更新どころじゃないよ
posted by じんちゃん at 21:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 国産車整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月25日

安心のための選択

時々シフト不良を起こすMR-Sは、ポンプASSY交換という選択肢を選ばれました。
  DSC00204.JPG
本来ならばアキュームレーターだけの部品設定が欲しいところ、でもASSY供給なので仕方ありません。

エアークリーナーを外すと見えてきます。
    DSC00205.JPG

オイルが入った状態で新品が届いたので?
      DSC00206.JPG
3本のホースは全てクイックカプラー、一滴もオイルをこぼさずに交換することができます。


もう一度シーケンシャルラーニングをして試運転
        DSC00207.JPG
ポンプの作動音も静かになり作動状態も良好

これで安心してお使いいただけると思います。


☆今日のオレ
やっと雪が少なくなったので996で踏んでみたけど現象確認には至らない
posted by じんちゃん at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 国産車整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月22日

名変期限は来月の11日なのですが

中古車販売のエスティマはまだ納車してません。

ご自分で車庫証明を取っていただくのですが、仕上がりは24日とのこと・・・・のんびりさんなので、ちょっとドキドキしちゃいます。

そんなエスティマにリモコンエンジンスターターの取付
  DSC09985.JPG  DSC09986.JPG

    DSC09987.JPG  DSC09988.JPG

      DSC09989.JPG
オプションのワイヤレスドアロック配線キットも取り付けたので、一旦エンジンを止めなくてもそのままスタートすることが出来ます。


MPVはインテークダクトを交換
  DSC00166.JPG
交換直後のフューエルトリムはロングが14%、ショートが-25%とメチャメチャ

暫くアイドリングさせておくだけでもこんな数値
    DSC00168.JPG
チョット乗ればロングももう少し+よりになってくると思われます。


☆今日のBMWサポート
今度は都内から電話、男性だったのでちょっとガッカリ・・・         
posted by じんちゃん at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 国産車整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月21日

焦った

エンジンチェックランプ点灯のMPV
  DSC00141.JPG

PCMのDTCは・・・
    DSC00142.JPG
薄すぎるようです。ってなんだか見たことある気がします。

原因はコチラ分かりやすい
      DSC00143.JPG
ウチはマツダのお客さんはとても少ないのですが、MPVはこの症状は2台目・・・・多発しているんでしょうね〜


最近いろいろインストールしているのですが、ことごとく失敗
        DSC00163.JPG
でもサポートから電話がきてドキドキしたけど、あのアンドーちゃんからで一安心。



☆今日のオレ
日野の4tでサイドブレーキ引いたら中身が壊れ、どんなパワーで引いたの?と聞かれた。
posted by じんちゃん at 20:03| Comment(4) | TrackBack(0) | 国産車整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月19日

ここまでやって快適

U62Wは集中ドアロック不良、全く作動しません。

先ずは怪しいドアロックアクチュエーターから点検
  DSC00137.JPG
スイッチを含めて正常

それではボディーコントロールモジュールの電源を確認
    DSC00138.JPG
コチラも問題なし、でもアンロックの信号が入力されていませんでした。

という訳でドアハーネスを点検
      DSC00136.JPG
断線箇所を発見して修理

ロック信号だけでも入力されればロックだけするとすればリレーコントロールのお車だから、このようにボディーコントロールモジュールで管理されている場合はアンロック信号が入らないとアンロックは勿論、ロックすらしなくなってしまうようです。


リモコンでの操作もできなってキーでロックしていたとのこと、コチラは暗号コードを登録したら復活、でも時々作動不良もあったのでバッテリーを交換

ここまでやればとても快適になるので、喜んでいただけます。



今日もいろいろ届きました。
  DSC00124.JPG  DSC00125.JPG  DSC00126.JPG
高額部品もあったので代引き総額は¥200000越え・・・・

一昨日買ったPCはこんなヤツ
    DSC00139.JPG  DSC00140.JPG
ISTAを再構築するため、必要以上のスペックを求めより安定して使いたいと思います。

ムキーッ!とならなければいいのですが・・・       
posted by じんちゃん at 19:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 国産車整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月14日

全交換が安心できます。

ZZW30のMR-Sはシーケンシャルシフト、つまり2ペダルマニュアルです。

DS708を使えば診断は勿論、アクティブテストにも対応
  DSC09970.JPG
これは心強いですね。

時々シフトできなくなるそうですが故障コードは2つ
    DSC09971.JPG
シフトレーバースイッチとアキュームレータープレッシャーセンサー

アキュームレーターの方が濃厚です。




でも実測値を見ながら試運転を繰り返すも、圧力は正常のままま症状が確認できません。

アクティブテスト時に一度だけポンプをONにしてもアキュームレーター圧力が上がない事だけは確認済みでした。

そして本日、試運転時に症状確認というよりチェックランプ点灯
      DSC00064.JPG  DSC00066.JPG
問題なくシフト出来ていましたが、工場に戻ってから暫くはどのギアにもシフトできませんでしたがやはりアキュームレータープレッシャーセンサーの故障コードです。

  
その時のフリーズフレームデーターはコチラ
  DSC00067.JPG  DSC00068.JPG  DSC00069.JPG
4速5000rpm超での故障コード入力と分かります。

そこで一度セレラーニングならぬシーケンシャルラーニングを実施
    DSC00070.JPG  DSC00071.JPG
ようは学習値の初期化ってことになると思います。

DS708が勝手にガチャガチャとギアを入れたり抜いたり
      DSC00072.JPG  DSC00073.JPG
終わったタイミングが分かりにくいのですが、インジケーターが無反応になればいいってことだと思われます。


その後の試運転では不具合症状が確認できませんでしたが、アクティブテストでのポンプ駆動不良や症状再発時の故障コードからポンプASSY交換が最も安心できる修理だといえます。
        DSC00074.JPG
本日の山梨は一日中雪模様でしたが、トンネル内であれば4速5000rpmも不可能じゃありません。
posted by じんちゃん at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 国産車整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月10日

タイミング悪すぎ

一昨日納車したCV21Sが再入庫、車検整備でATFを交換したお車です。

昨日乗りだしてみると2速から3速に変速しないとのこと・・・・検査を受けに行く往復では問題なく変速していました。

ダイアグ点検の結果はコード12で正常、でも3速に変速するであろう回転まで引っ張るとコード71を出力しますがなんでだろう?

またコントロールユニットのソレノイド通電状態も正常なので、ソレノイドバルブ不良かバルブボディー不良が濃厚です。
  DSC00006.JPG  DSC00007.JPG
という訳で外して点検

結果はフィルターの破損が原因
    DSC00008.JPG

バラしていくと、破片がアチコチから見つかります。
      DSC00009.JPG  DSC00011.JPG

決め手はコレ、アッパ・ロアボディーの間に入るスチールプレート
        DSC00014.JPG  DSC00015.JPG
小さな穴が、フィルターの破片で詰まっていました。

これで直ったも同然ですが、全部O/Hして明日フィルターが届くのを待って組み付けます。



☆今日のナガヌマンくん
いよいよ着手したらしい
  1357814616381.jpg
 

◎今日のヌマンくん
序でだからと悪い事を考えていた                     
  
posted by じんちゃん at 20:20| Comment(3) | TrackBack(0) | 国産車整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月16日

雪が降ったら子犬並み

初回車検のMRワゴンは一日車検で
  DSC09320.JPG
ウチの販売車両でご近所さんだから”夕方には乗って帰れますよ〜”通常は余裕を持って1日半お預かりさせていただいております。

コチラも車検のST205・セリカ
    DSC09319.JPG
この車がお好きで2代(台)目、前のと合わせると15年以上乗ってらっしゃいます。

2代目に乗り換えた時はお預かりと同時にセルモーターが壊れたかと・・・・
      DSC09317.JPG
プッシュスタートとか教えてもらってなかったので、チョット焦りました。          

追加メーターなんかもスッキリ収まってますね〜
        DSC09316.JPG

でもエアコンとかどこで操作するのかな?
          DSC09318.JPG
と思ったらセンターコンソールの中に入ってたり・・・

きっと交差点は斜めに曲がり、雪でも降ったら子犬のように走り回るんだと思われます。
            DSC09315.JPG
なんて、メーター交換済みとはいえ13000km、大切にしてるんでしょうね。



一方コチラは30万km目前のエクスプローラー
              DSC09321.JPG
アチコチオイル漏れだし、フロントのあらゆるジョイントはガタガタだし、リーフも折れちゃってます。

”もう一回車検を”を2回繰り返したので、今回は諦めましょうということになりましたが、やはり長ーいお付き合いでした。




明日は技能コンクールの応援に行く為、PM3:00頃まで不在となるのでご了承ください。

2年前は選手で出場、応援に来ていただいたのでその恩返し

☆今日のオレ
予備検も電気廻りもクリアしたのに、ヘッドライトテスターでまさかの球切れ

めざましテレビの占いはさそり座11位だったので、よく当たるなぁと感心しました。
posted by じんちゃん at 19:48| Comment(7) | TrackBack(0) | 国産車整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月13日

遅い初体験

車検のラフェスタは10万km超えなのでプラグ交換します。
  DSC09231.JPG
勿論インマニ外しての作業となりますが工数は1.7H、でも田舎の工場じゃそんなにもらえません。

14mmのプラグレンチなんて何年前に買ったんだっけ?
    DSC09232.JPG
でも今回が初使用、細いプラグは¥2600/本 高けぇ〜



車検のファンカーゴは79000km、全然問題ないと思ってる車でもお疲れ気味
      DSC09298.JPG
人生(車生?)の折り返し地点みたいな走行距離なので消耗品を一気に交換、持ち主が運転しても違いが分からないのは寂しいので、リヤのブレーキ調整は引き摺るチョット手前がお好み

シガライターが使えないのですが、コネクタの電源とアースは正常
        DSC09296.JPG
でも端子と真ん中の赤くするところ(なんていうんでしょううね?)は導通なし

この黒い塊(これもなんていうんでしょうね?)がダメらしい
          DSC09297.JPG
こんなとこ壊れた車を直すの初めて                    
posted by じんちゃん at 19:49| Comment(3) | TrackBack(0) | 国産車整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月29日

朝には終わってることを願う

タントのステアリングコラム交換
  DSC09150.JPG
右側にはパワステのアシストがあるのですが左側は重い状態

トルクセンサーだろうと調べてみたらコラム一体供給、ジムニーみたいなの想像してたのでガッカリ、コラムASSYで¥73200と高額なので中古を手配して交換しました。


車検のスペースギアはスタビとショックアブソーバを持ち込みで交換
    DSC09152.JPG  DSC09153.JPG
釣り専用車ですって、カイエンの方が快適に移動できると思うのですが・・・

DS708のアップデート、44個もあるので明日の朝には終わってるといいなぁ
      DSC09154.JPG



先日の430スクーデリアが本日3回目の再検に遭遇、一緒に見てたら99.9dbでクリア、おめでとうございます!

なんでも並行車なので6350rpmで測定とのこと、正規輸入車は5800rpmで空ぶかしのレブリミッタが働くそうです。へぇ〜と感心しながら、スロコン作って誤魔化すのは如何?なんてお話できるのは合格したから

今度は煩いガヤルドですって、大変ですね〜
posted by じんちゃん at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 国産車整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月24日

へぇ〜

昨日のMPVの続きです。

時々HOLDランプが点滅するとのこと、パワートレインのDTCは・・・
  DSC09044.JPG
以前にもこのDTCをクリアしたことがありますが、その後の再発などの連絡はいただけないままでした。

今回はパルスジェネレーターを交換させていただきます。
    DSC09052.JPG
¥4340とリーズナブル

またVSSのDTCも残っていましたが、前後のタイヤサイズが違うのが原因ではないかと推測、一旦クリアして本日受検、帰ってきてから再度診断してみるもDTCはありませんでした。

215/65-15と205/65-15じゃ外径が違いすぎますが、ABSにもDTCがないので形容範囲なのかもしれません。でも4本サイズをそろえておく方が良いのでは?とアドバイスはさせていただきます。

でHOLDランプの点滅もなしなので、こちらもOKじゃないでしょうか?


また入庫時に点検しているとエンジンルームから吸い込み音が・・・
      DSC09045.JPG
インテークダクトがひび割れ

この状態でデーターモニターすると
        DSC09046.JPG
こんな状態、分かりやすいのはO2センサー0.09Vで固定

テープで塞いで変化値を読み取ると
          DSC09047.JPG
IACは下がり、O2センサー値は変化してしるのが分かります。でもMAFはもう少し上がると思ったんだけどな〜

薄い状態では危険なのでダクトを新品に交換してから受検
            DSC09053.JPG
でもエンジンチェックランプは点灯していなかったか気になります。

そこで取説で確認してみるとエンジンチェックランプについての記載はありませんし、メーターで確認してもみつかりません。
              DSC09048.JPG
そんな車あるんだぁ〜と驚く反面、GF-で始まる10年アイドル規制車がこれでいいのだろうかとチョット心配

ここにあるよ!なんて情報があれば助かります。
posted by じんちゃん at 20:53| Comment(3) | TrackBack(0) | 国産車整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月23日

一日中雨

車検のラパンのプラグ交換
  DSC09042.JPG
13万km無交換だとこんな感じ、凄い減り具合

車検のMPVのスタビリンクロッド交換
    DSC09043.JPG
左右ともボールジョイントが外れてました。ノンスタビってどんな乗り心地だったんだろう

車検のアルファードのタイヤ交換
      DSC09051.JPG
片減りが酷いしトレッド面のクラックも大き目なので交換

今夜のおかずはマジェスタ
        DSC09054.JPG
ペタペタ車高がお好み?ではなくエアサス修理

最初はリヤの左が下がり、次はフロント右が下がってしまったそうです。

でもそのまま放置しておいたら全く車高が上がらなくなってしまい・・・・中古のエアサスを1台分持ち込みでした。

でも残念ながらコンプレッサー死亡で出直し、ということで今度はコンプレッサーも持ち込んでのご入庫です。
          DSC09061.JPG
取りあえずコンプレッサーだけ交換してみたら、フロント左とリヤ右は生きてる様子

フロント右とリヤ左のストラットのみ交換
            DSC09062.JPG

これで普通に乗れるようになりました。
              DSC09063.JPG
ハイトアジャスターのハイにすればこんな感じ

                DSC09064.JPG
ノーマルに戻して近所をぐるっと乗り廻せばこんな感じ

同級生の飲み屋のママの娘の彼氏の車なんだけど、修理は早めのほうがいいよと言ったら今度から気をつけますだって

そういう若い人は応援したくなります。

今日は国産車でおなかいっぱい                                                 
            
  
posted by じんちゃん at 20:16| Comment(3) | TrackBack(0) | 国産車整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月08日

ドライバビリティー良好

DS708のデモ機が届きました。
  DSC08920.JPG  
1週間を目安に、いろんな車に接続してダイアガンとの違いを体感してみて下さい。

きっと気に入っていただけると思います。


エンジンチェックランプ点灯で入庫のアルファード
    DSC08907.JPG
カムセンサーに異常なのかな?と調べてみると、なんとバルブタイミングのズレかECUの不具合とのこと
 
じゃあタイミングベルトカバーを外して検証
      DSC08910.JPG

        DSC08912.JPG 
でも奥のバンク1は鏡で移して位置を確認するのですが、とても見えにくい状態

カメラを突っ込んで直接写してみると・・・
          DSC08913.JPG
なんと1コマ、ズレていました。

8月の終わり頃からエンジンチェックランプが点灯していたそうですが、ドライバビリティーは良好とのことでしたので、一旦クリアしながら様子を見てもらっていました。

でもこの症状はタイミングベルト交換直後からの不具合

結局タイミングベルト交換時の掛け違いが原因でした。



そのタイミングベルト交換した奴は誰だ!


オレです・・・・・・                  
posted by じんちゃん at 22:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 国産車整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月26日

予想は的中

バッテリーターミナル逆接のマジェスタ、エンジンチェックランプも点灯ということで他工場よりヘルプ依頼
  DSC08795.JPG
吹け上がらない症状もでているとのこと、VSCとかTRCとかも点灯ってことはスロットルアクチュエーターでしょ?

DS708でスキャンチェック
    DSC08797.JPG
正解でした。

なにも言われてませんが、コチラもこんな表示
      DSC08796.JPG

先ずはエンジンから、逆接の場合はヒューズ切れを疑うのが鉄則
        DSC08798.JPG

ヒューズ切れは交換してあるようですが・・・
          DSC08799.JPG
差し込んだところが間違ってます。これだけでエンジンチェックランプは消え吹け上がるようになりました。

また30Aのヒューズが刺さっていますが、本来は15A
            DSC08800.JPG
勿論戻しておきましたが、吹け上がらないとかエンジンチェックランプ点灯を難しく考えすぎだと思います。

スキャナーが無くても、たったヒューズ1つでもエンジンチェックランプは消灯して吹け上がるようになります。

オーディオもエアコンも使えないので室内のヒューズをチェック
  DSC08801.JPG  DSC08802.JPG

助手席側のラジオ1の10Aヒューズ切れを交換
    DSC08803.JPG  DSC08804.JPG
これでオーディオもエアコンも使えるようになりました。                       

                     
それでも何処かに不具合が残っているのでは?と思いますよね。
  DSC08806.JPG  DSC08807.JPG  DSC08808.JPG
そんなときはショートテスト、これで不具合があるのが一発で分かります。このショートテストができないスキャナーも多いので、この機能すら知らない方もいらっしゃいます。

クリアも一気にできるので簡単、アレはクリアしたっけ?なんてこともなくなります。
    DSC08809.JPG


スティードのレギュレーターが届いたので交換
      DSC08811.JPG
納車早々”出先でエンジン掛からなくなっちゃったよ・・”なんてことにならなくて良かった〜

新しい仲間も入荷、散々いじり倒さないと分からないことばかりです。
        DSC08814.JPG                  
posted by じんちゃん at 20:09| Comment(5) | TrackBack(0) | 国産車整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月18日

超高回転

久しぶりにウチの代車に乗ったらスゴイことになってました。
  IMG_20120917_091649.JPG
VQ20フルチューンの8000RPMオーバー!

ウソです。タコメーターが壊れてました・・・

検査コースで見つけました。
    IMG_20120830_105122.JPG
このステッカー欲しい、でも管理が厳しくて譲ってくれないのかな?


      DSC06791.JPG
光が見えてきたよ。C.Kさんありがとう  
posted by じんちゃん at 20:42| Comment(5) | TrackBack(0) | 国産車整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月13日

色々使える必需品

20系プリウスの車検です。

次回の車検時までに軽く10万kmを超える勢いですので、プラグとエアークリーナーを交換
  DSC08572.JPG
コレを持ってきた共販さんが”プリウスってプラグ交換するの?”と聞かれたことがあるそうです。

ショートテストも実施
    DSC08538.JPG  DSC08539.JPG

      DSC08540.JPG  DSC08541.JPG  DSC08542.JPG
プリウスって結構いろんなDTCが残ってますよね。

肝心なのはコレ、消去してからじゃないと
        DSC08536.JPG

ブレーキフルードの交換が出来ません。
          DSC08534.JPG

作業中はこんな感じ、やっぱりDS708は便利です。
            DSC08535.JPG
posted by じんちゃん at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 国産車整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月04日

200系の恐怖

車検で入庫の200系ハイエース グランドキャビン

ハブベアリングから異音が出ていたので交換させていただきます。

ベアリングを固定するボルトを4本外してスライディングハンマーで引き抜ける構造ですが、ビクともしませんでした。

そこでナックルごと外してプーラーでナックルを抜き取り
  DSC08543.JPG
簡単に外れました。

ハブを固定するナットをSSTで外そうとしますが、とても硬くて緩みません。

そこで酸素バーナーで炙って緩めようと作業開始
    DSC08544.JPG
ここまでやってもビクともしません。

一人で水平を保って回しますが、少しでも上下に力が加わるとSSTが外れてしまいます。
      DSC08545.JPG

仕方がないので二人がかり、1/2から1インチに変換するエクステンションを付けTバーの両側にパイプを突っ込んで回してると、ヌルッとした感触が・・・・
        DSC08546.JPG
緩むどころかエクステンションが折れてしまいました。

BANZAI製のエクステンションがお手上げの様子
          DSC08547.JPG
なんかウマイこと言ってるね、オレ  

これで絶対に緩まないことが分かりました。

本来ならこのベアリング¥6900だけの交換予定でしたが
            DSC08559.JPG

追加でこれだけの部品を交換することに
              DSC08560.JPG

あとはサクサクと組みこんでいくだけ、しかも追加部品は全部で¥11540とリーズナブル
                DSC08561.JPG  DSC08562.JPG      なかなか緩まないナットのおかげで、昼飯食うのも忘れて没頭してたらヘトヘトに疲れました。

皆様も200系のハブベアリングにはご注意を・・・・

あとは消耗品の交換
  DSC08568.JPG  DSC08569.JPG
ブレーキパットとプラグを交換

リヤライニング(リビルトリーディング)とカップキットを交換
    DSC08571.JPG  DSC08570.JPG
週末のお使い予定に間に合いそうで一安心
posted by じんちゃん at 20:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 国産車整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月25日

国産車な一日

C34ステージアのIGコイル交換
  DSC08431.JPG
昨年に1個、今年に入って2個目の故障なので一気に4個交換

何度も不具合に見舞われお気の毒ですので、工賃はサービスしておきます。



アルファードのタイミングベルト交換
    DSC08432.JPG
ウォーターポンプ交換はカムスプロケットを外さなきゃできません。チョットだけバックプレートを逃がしてくれればいいのに・・・・

フロントパットも交換
      DSC08433.JPG
ここまで使ってもらえればパットも幸せ

あとはジムニーのオイル交換など、国産車な一日でした。




モテ耐組はどんな様子かな?
posted by じんちゃん at 19:56| Comment(3) | TrackBack(0) | 国産車整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。