過去の記事は、こちらからご覧いただけます。

2013年06月07日

お姉さんは黙っててください

オンスターシステムの誤作動でエマージェンシーコールしてしまう2007エスカレード

問い合わせいただいたアメ車屋さんがTech2なら直るかも?という情報を仕入れてきました。

それはリプロのことだろうと急遽GMのSPSを構築、盗難防止モジュールにオンラインリプロを実施したり車両盗難防止の学習をしたところエマージェンシーコールする回数は大幅激減、でもイグニッションONにするたびに”アイムソリー”とお姉さんが謝ります。

そこで今度はアラームのリプロや、オンスターシステムを起動させてみれば症状が改善するかもと実施
  IMGP0365.JPG  IMGP0366 (1).JPG
アラームにリプロはなく、モジュール交換ではなくても起動プログラムをインストールしました。

するとこんな画面が出てきてビックリ
    IMGP0367 (1).JPG
また飛ばしちゃったか?とビビりましたが問題なし、症状がもっと良くなることはありませんでした。

ここまでが依頼事項だったのですが、悔しいので何が原因なのか探求
      IMGP0376.JPG
VCIM(ビークルコミュニケーションインターフェイスモジュール)のB1000が消せないことが判明

これってモジュールが壊れてんじゃない?ってことで調べてみると
        IMGP0377.JPG
こんなの発見、VCIMの内部異常でB1000を検出して”電話できません”とか言うとのことです。

という訳で見積もりしてもらうとVCIMは¥77000で国内在庫なし、どうせ使えない機能だしなんとかしてみようと配線図と睨めっこ
          IMGP0382.JPG
VCIMからテレフォンボイスシグナルが出ているので抜き取り

お姉さんはもう喋らなくなりましたとさ・・・・お終い        
posted by じんちゃん at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | その他輸入車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月05日

今度はGM

キャデラックエスカレードのオンラインリプログラミング
  IMGP0346.JPG  IMGP0348.JPG  IMGP0349.JPG
盗難防止装置の誤作動はコントロールユニットが原因、リプロで改善するか試してみます。

こんなのもあったので一緒に施工
    IMGP0351.JPG  IMGP0353.JPG
これで改善されれば大満足

TDMのリプロはすぐに終わるけど、V.T.Dは12分ほどの施工時間
      IMGP0354.JPG
車もガシャガシャいうけど、パソコンも聞いたことないような音が1分ごとに出てビックリ

という訳でGMのオンラインプログラミングはじめました。


只今キャパオーバー気味ですので、今週中は入庫いただけないかもしれません
IMGP0359.JPG  IMGP0358.JPG

  IMGP0361.JPG  IMGP0360.JPG

    IMGP0363.JPG                 
posted by じんちゃん at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | その他輸入車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月29日

追加が増える

タイミングベルト交換で入庫のルーテシア ルノースポール2.0
   
SSTは持ってませんので作ります。
  IMGP0245.JPG
カムはこんな感じで固定

クランクもピッタリのボルトがあったので固定
    IMGP0246.JPG
これで安心してタイミングベルト交換ができます。

ウォーターポンプも交換したのですが画像はなし
      IMGP0247.JPG
エンジンマウントが千切れていたので追加で発注、タイミングベルトは背面クラックも多かったのでこれで安心

エアコンが効かないのは冷媒不足
        IMGP0248.JPG
エキスパンションバルブがオイルで真っ黒、Oリング単品の供給がないそうでOリングセットで供給されます。

でもOリングセットだって¥7000程・・・そんなことじゃエキスパンションバルブを交換してしまうほうがオススメなのでコチラも追加発注です。

作ったSSTはフカサワン君にだけ貸してあげます プププー                
posted by じんちゃん at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | その他輸入車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月21日

騙し騙され

先日エアコンを修理したエルドラド

http://blog.jinguji.com/article/355879449.html

走行中、突然エアコンが冷えなくなってしまったそうです。

メーターにはまた冷媒量が少ないと表示されましたが酷いガス漏れ?かもしれないので再入庫いただきました。

そこでプレッシャースイッチを短絡
  DSC01549.JPG
電源は来ていますが、これでもコンプレッサーがONしません。

どんな回路なんだろうと調べ物
    IMGP0068.JPG
ハイプレッシャースイッチが別の所についてるみたいなので点検、コチラも異常なし

リレーを単体点検しても正常
      DSC01550.JPG
ここで短絡させればコンプレッサーもONとなります。

ということはコントロールモジュール異常?を疑いDTCを点検
        IMGP0067.JPG
もしかしてクリアしたら直ったりして・・・・本当にコンプレッサーがONとなりました。

なんだかエアコンモジュールに騙された気分、こんなこともあるんですね〜




まだ探しているプロボックス(サクシード)バン
          IMGP0154.JPG
変な色だし九州会場だし・・・低走行の5Fってなかなか出てこないんです。

ルノーの部品を見積もり、こんなとこ確認したりするんですね。
            IMGP0157.JPG                         

          
posted by じんちゃん at 20:04| Comment(3) | TrackBack(0) | その他輸入車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月20日

3年前の記憶

DSTCの警告が出るXC90なんてどこかで聞いたことあるな

http://jin-chan.seesaa.net/article/153948477.html

と思ったら3年前に診断依頼を受けた車両でした。


今度はVIDA+Diceで診断、もしかすると社外診断機では検出できないDTCがあるかもしれないからです。
  IMGP0108.JPG  IMGP0109.JPG  IMGP0110.JPG  
当時は納車直前で警告がでたようですが、その後3年間表示は出なかったとのこと・・・

今回入庫時には警告表示もなく実測値も異常なし、予防のためにペダルストロークセンサーを交換します。
    IMGP0134.JPG  IMGP0135.JPG
コレってベンツでも同じセンサー使ってますよね。

交換後は実測値を点検するのも重要
      IMGP0153.JPG
今度はDS708で、何故なら簡単接続だし見やすいから

本来ならオシロスコープ付けたまま警告が出るまで乗ればいいんでしょうけど、そんな時間もないしコレってベンツでは交換したことあるし

☆昨日のオレ
久しぶりのお休み
posted by じんちゃん at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | その他輸入車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月20日

傘を差しながら

940エステートのバーヒー

原因はヒーターコックが割れてクーラントが噴き出してしまいました。
  DSC01407.JPG
ラムダ警告灯が点灯したのですぐにご来店、近くで良かったですね〜

ヒーターコックは純正品を手配、こんなに形状変更してます。
    DSC01409.JPG

エンジンが冷えてもラムダ警告灯は点灯したまま
      DSC01408.JPG
クリアしなきゃとダイアグカプラーを探したらセンターコンソールの底にありました。




事務員さんのトゥーランはスタッドレスから履き換え
        DSC01410.JPG
夏タイヤがツルツルだったので今度はP-zero neroをチョイス カッコイイ名前だぜ! へへへ


トレイルブレイザーはインロック、雨の中救助成功!でも写真はなし        
            
☆今日の師匠
ちょっぴりセンチメンタル
posted by じんちゃん at 19:25| Comment(2) | TrackBack(0) | その他輸入車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月19日

重なる不具合

エンジンチェックランプ点灯のエクスペディション
  DSC01316.JPG
DTCはこんな感じ、パーツクリーナーを吹きかけエンジン回転の変動は確認済みとのこと流石です!

原因は右バンクブローバイホースジョント破損による二次エアー混入でした。

そのブローバイホースの手配に時間が掛かり・・・・一旦ジョイントにテープを巻いて試運転

するとパワーバランス不良を起こしていました。
    DSC01320.JPG
DS708でチェックするとこんな感じ、分かりやすくてイイですね〜

点検の結果IGコイル不良
      DSC01351.JPG
ブローバイホースが届く前にIGコイルが届いてしまう始末

交換後は絶好調なのは勿論ですが、DS708のグラフも気になるのでチェック
        DSC01355.JPG
キレイに真っ直ぐ揃ってます。

遅れて届いたブローバイホース
          DSC01382.JPG
部品商にお願いしてコッチで調べた2種類の金額を教えてもらい、ノークレームで安い方を手配したらちゃんと届きました。

アメ車の入庫は少ないのですが、自分で調べたほうが早いので調べられる環境作りも必要です。



スティードのタイヤ交換
  DSC01383.JPG
陽気が良くなってきたのでツーリングでしょうか?

事務員さんのトゥーランも車検
    DSC01396.JPG
明日で切れるとこだったので昨夜のオカズでした。

バルブボディーをO/Hして既に40000km走行

最近変速に違和感がでてきたので、入手したソレノイドを試すドナーになってもらいましょう。
posted by じんちゃん at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | その他輸入車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月18日

そんな価値なし

エアコンが効かないエルドラドはメーターにこんな表示
  DSC01332.JPG  DSC01333.JPG
冷媒量が少ないのでコンプレッサーをOFFにしているようです。

HVACのDTCはこんな感じ
    DSC01335.JPG  DSC01336.JPG
なんだか良く分かりませんがエアミックスドアが調子悪いみたいです。

コンプレッサーがONしませんが、冷媒量は気温22℃で4.5kg程・・・134aの場合は充填量が分かりませんがそんなに少ない程でもないかな?

という訳でプレッシャースイッチを短絡してコンプレッサーONに成功

でも温風しか出てきません。   
 
という訳でエアミックスドアを点検
      DSC01345.JPG  DSC01346.JPG
手で軽く動くしコネクターは挿してないないし・・・・誰かが外して手動で使っていた模様

原因はこのギアの破損、シャフトが滑ってしまってうまくドアを動かせません。
        DSC01349.JPG      
アクチュエアーターの見積もりをもらうと¥33000ととても高額

そんな価値があるのか疑問に思いながら修理します。
  
ギアからシャフトを抜き去り瞬間接着剤で補修
  DSC01381.JPG   
固定するのにこんなバイスグリップが重宝、この為に存在しているかのようです。

このままの状態でシャフトを載せ、ガスで炙って溶かしながら圧入
    DSC01358.JPG
こんな感じで余分なプラスチックが溶けだします。

バリを取ってアクチュエーターに組み付け
      DSC01360.JPG
ギアが掛けているところは反対に向ければ、破損してない側のギアで駆動できます。

アクチュエーターはギアの位置を覚えているのでイニシャライズが必要、診断するときにはDS708で出来そうな画面を見つけたのに、修理後には見つからず・・・・

仕方なくギアを組み換えてマニュアルで設定
  DSC01368.JPG  DSC01369.JPG

    DSC01371.JPG  DSC01370.JPG
HOT/COLDをブレンドできるようになりました。              

そこで今度はエアコンガスチャージ
      DSC01374.JPG
キンキンに冷えるようになったので完成!と思ったら運転席は暖かい風・・・

今度は運転席側を点検
        DSC01372.JPG      

同じようにギアが破損しているので補修すれば完成
          DSC01375.JPG 
強度もバッチリで得した気分♪   
          
出張中のi-SCANUが戻ってきました。
  DSC01378.JPG  DSC01380.JPG
宮崎地鶏と芋焼酎と一緒に

という訳で焼酎のお礼にカングーを送っておきました。
    DSC01389.JPG
24日着予定ですので震えて待て
posted by じんちゃん at 21:26| Comment(2) | TrackBack(0) | その他輸入車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月13日

追加

本日の山梨軽協会
  DSC00804.JPG
2コースしかないのに3列待ち

休み時間なしでの検査は素晴らしい対応だとおもいます!

一方山梨陸運支局は3コース体制のまま
    DSC00805.JPG
40分待ちだからまだ許せるのかな・・・・・いや4コースを開けましょうよ





VIDAが構築できました♪
      DSC00815.JPG

診断の結果はこんな感じ
        DSC00807.JPG
フロントヒットでエアバック展開、でもスターターが廻りません。


スターターを廻さない理由があるのかと診断
          DSC00811.JPG
イモビも気になるのですが・・・

当たっているのが原因かとスターターを点検
            DSC00812.JPG
一件問題なく見えますがB端子がプラプラ


スターター交換でもソフトウェアダウンロードが必要かと調べてみます。
              DSC00814.JPG
取りあえずそのままでイケそうなので一安心

見積もりをいただいていてますが、インド製?なので難儀しそうです・・・・




昨日商談したレジアスエースですが売れてしまったようで在庫なし

振り出しに戻ります。      
                                          
      
posted by じんちゃん at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | その他輸入車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月26日

フライトレコーダー機能

エンジンチェックランプ点灯のV70、DTCはこんな感じ
  DSC00606.JPG

MAPセンサーの実測値はこんな感じ
    DSC00607.JPG

MAPセンサーのホースをひっこ抜くとこんな感じ
      DSC00609.JPG

フリーズフレームデーターはこんな感じ
        DSC00610.JPG

カウンターは全部で3つでこんな感じ
          DSC00611.JPG

でもその瞬間が見られる訳ではなく、どのように異常信号を検出するのか知りたい訳です。
  DSC00627.JPG
という訳でCRecorderを取付試運転を実施

このようにエンジン回転と並べて表示されるので、不具合発生時の実測値をフライトレコーダーとして残せます。
    DSC00625.JPG  DSC00626.JPG
グラフ表示にすればもっと分かりやすいので有効活用、誰かチェックランプが点くまで乗っててくれないかな?   


本日登録のW221、なんとか大安納車することができました。
      DSC00604.JPG  DSC00605.JPG




☆最近の山梨運輸支局
早く4コースを開ければいいのに                                   
posted by じんちゃん at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | その他輸入車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月10日

がっかり

プラグ交換したサファリは始動不良でしたがプラグ交換で復活、でも置き場のお隣の洗濯物に臭いがついてはイケないのでバサバサいいながら工場まで移動、工場で空ぶかしをして調子を取り戻しました。

濃すぎる燃調でしばらくは白煙と爆音が立ち込め、飼い犬なんてブルブル震える始末、ゴメンネ〜

やっとアイドリング出来たと思ったら約5分後には絶不調、また濃すぎる状態になってしまいました。

その時のDTCはこんな感じ
  DSC00409.JPG  DSC00410.JPG 

    DSC00411.JPG  DSC00412.JPG
先程まで絶好調でアイドリングしていたことから、怪しいのはスロットルセンサーではと決めつけ点検

抵抗値を測定してみます。
      DSC00414.JPG
全開事の抵抗値はこんな感じ

全閉時にはここまで抵抗値が下がりますが
        DSC00413.JPG

暫くするとどんどん抵抗値が増していって・・・
          DSC00415.JPG      
全開時と同じ抵抗値になってしまいます。


スロッルポジションセンサーの抵抗値位で、燃調まで崩してしまうのは当時の制御だから、今時の制御じゃ考えられません。

という訳でスロットルセンサーを交換して完成!と思ったらどこかのプラグはすでにカブッてパワーバランス不良、バサバサいってるのでまた犬が恐がってガクガク震えてました。何度もゴメンネ〜


☆今日のオレ
とても煩いM6で全開にしてみたら、煩過ぎてビビって戻した
posted by じんちゃん at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | その他輸入車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月05日

変化を楽しむ

エンジン始動不良のキャブクーパー
  DSC00359.JPG
先ずはスパーク点検したら火が飛んでましたがカブリ気味、カブリ癖のついたプラグはお引き取り願い交換させていただきます。

でも1番なんてオルタが邪魔してプラグレンチが入りません。
    DSC00360.JPG
今までどうやってたんだっけ?と思いながら使っていないプラグソケットを切断

交換後は呆気なく始動、でも試運転してみるとキャブセットがバラバラで乗れたもんじゃありません。

先月車検をしたときには調子良かったので、誰かイタズラしたのかな?


という訳でキャブ調整
      DSC00361.JPG
でもチョイ開けのパーシャルでモガモガいって調子が出ません。

そこでこんなのを借りてきて同調
        DSC00387.JPG
結果、満足できるレベルまで調整できましたが、次回はO/Hも視野に入れながらというのが理想です。




師匠からのお届け物はコチラ
          DSC00373.JPG
ニューバージョンも同封アザース! でもヒロシ君にはあげません。

ナガヌマン君はあれだけ手ぶらでといってるのに
            DSC00386.JPG
アベンタドールのUSBメモリですって、こちらもアザース!                  
posted by じんちゃん at 20:29| Comment(2) | TrackBack(0) | その他輸入車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月31日

強化中

エンジン不調で入庫のアルファ・145 2.0TS

3ピンのカプラーのアルファは初入庫、という訳で慌ててfiatecuscanを購入しましたが届かないので先に症状確認と診断

45000rpm回転までしか廻らない症状で、回転上昇も重ったるい感じ
  DSC00236.JPG
レーシングでもコレ以上廻らないので、先ずはエアマスの洗浄から

試運転してみると今度は5500rpmまで上昇、でもまだモッサリしてます。
    DSC00237.JPG
エアマス電圧は1.1V、これじゃ調子悪いのも納得

という訳でエアマスを新品交換
      DSC00276.JPG
限りなく1Vに近いこの数値イイ♪

乗ってみれば絶好調、やっぱりこうじゃないとね!といった吹け上がりです。
          
エアマスと同時に届いたインターフェイス、このドライバとmultiecuscanというソフトをインストール
        DSC00282.JPG
これで3ピンのアルファにも対応可能、今月はスチャンツール強化月間ですから

気になる結果はこんな感じ
          DSC00278.JPGDSC00279.JPG
時には勘も必要だと思いますよ〜師匠!

リセットすれば安心して納車することができます。
            DSC00281.JPG      


      
☆今日のオレ
18万km走行の7速DSGのお問い合わせ・・・正直スゲーと思った。
  DSC00288.JPG
ムフ♡
posted by じんちゃん at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | その他輸入車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月17日

里帰りの前に一仕事

デュオセレクトの警告が出たセンタクビヨリじゃなくてクアトロポルテ

プリンさんのところへ里帰りする前に頑張ってもらいましょう。
  DSC00092.JPG

診断結果はリバーススイッチ
    DSC00091.JPG

確認のためパラメーターでアチコチ点検
      DSC00094.JPG  DSC00095.JPG
リバーススイッチ入力の項目はありませんが、リバースギアエンゲージドで確認すれば全て正常でシフトされていることが分かります。

クラッチウェアって残量のことだと思いますが・・・
        DSC00097.JPG  DSC00096.JPG
100%と表示されるのは先日初期化したからでしょうか?

あとはダイジェスト
  DSC00098.JPG  DSC00099.JPG

    DSC00101.JPG  DSC00102.JPG

クリアすれば黄色から緑色に変わります。
      DSC00093.JPG

      
という訳で夕方の集荷に間に合ったので発送済み、プリンさんいつもありがとうございます。
        DSC00103.JPG

☆今日のオレ
またPCを買う
DSC00104.JPG           
         
            
posted by じんちゃん at 20:28| Comment(7) | TrackBack(0) | その他輸入車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月29日

ドアを閉めたら

ガラスが落っこちた156TSはウインドレギュレーター交換
  DSC09777.JPG
モーター付のレギュレーターは社外品もありましたが、品質がイマイチということで純正品に交換

サクサク進めて納車しようと思ったら、ガラスが下がっても上がりません・・・・

配線図を確認しながら、スイッチを点検しても異常なし

ドアコントロールモジュールにUP信号が入力されているか確認してみると、スイッチから出力があってもモジュールに入力なしで断線に決定

怪しいドアコネクターから点検
    DSC09875.JPG
コチラは問題なし

ドア側での導通点検もクリア、車体側で断線が確認できたのでこのコネクターのブーツを捲ってみたら見えるところで断線してました(デジカメ不調で画像はなし)。

断線を修理して完成
      DSC09877.JPG
重複した不具合はいつもながら焦りますが、この時期は特にドキドキできましたし、最悪閉めっぱなしで来年再入庫していただこうなんてことも思ったりしましたが、なんとかまとまって一安心。


本日もタイヤ交換やオイル交換など沢山ご入庫いただきましたが、今年最後(多分)のオイル交換はE60
        DSC09891.JPG  DSC09892.JPG
昨日の積雪で帽子を被っていたので先ずは水で洗い流します。

エンジンオイルはモチュール8100、オイルフィルターも同時交換
          DSC09893.JPG

エンジンオイルレベルのチェックも忘れずに
            DSC09894.JPG
サービスリセットはISTAで実施、最終型のE60にプログラミングが存在するのか知りたかったから 


でも残念ながら時間切れ、お帰りにならなければならず今回は検証できませんでした。



☆今日のオレ
A6はなんとか完成、でもコルベットは手付かず・・・・  
posted by じんちゃん at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | その他輸入車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月19日

シャッキッと気持イイ

車検のキャブクーパーはステアリングギアボックスを交換
  DSC09711.JPG
純正は在庫なしでリプロが届きましたが、品質は全く問題なし

ボディーとメンバーを切り離し、隙間を開けて交換
    DSC09712.JPG
いろいろ外さないとこんなに隙間が開きません

途中でヒロシ君のV230オイル交換
      DSC09713.JPG
アンダーカバーにサービスホールが欲しいと毎回思う

ギアボックス交換したらカートみたいにダイレクトフィーリング
        DSC09715.JPG
これだけシャッキッとすれば運転するのも楽しいんじゃないでしょうか?   

また近所の工場をお借りしてサイドスリップ調整
          DSC09717.JPG
左右で同じ寸法に調整、その間に何度か試運転してステアリングセンターも確認

最終的にはサイドスリップは0mmまで調整
            DSC09718.JPG  DSC09719.JPG                                   
転がり抵抗が少ない方が、こういう車には合ってると思います。



☆今日のオレ
デュラメトリックについてのお問い合わせが2件、DS708も1件ご成約になりました。
posted by じんちゃん at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | その他輸入車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月10日

あ〜ドキドキした

クアトロポルテの健康診断
  DSC09571.JPG  
いろんなモジュールが付いているので期待?できます。

ボディーCANなんてこんなに沢山
    DSC09569.JPG   

他にもいろいろ残っていますが検査ステッカーはコー〇ズです。
      DSC09570.JPG  DSC09573.JPG

        DSC09572.JPG

でも重要なのはコレ、デュオセレクトのDTC
          DSC09574.JPG
不明なエラー、どんなエラーなんでしょうか?

という訳でセレラーニングみたいにデュオラーニング?してみます。
            DSC09575.JPG

先ずはバックアップ、安定化電源の確保
              DSC09580.JPG

そしてスイッチON(正確にはクリック)で学習開始
                DSC09576.JPG

賑やかな音とともにギアを抜いたり入れたりが始まります。
  DSC09577.JPG  DSC09578.JPG
6速までいったら今度はリバース、無事に終わってくれることを祈りつつ待つしかありません。

と数分待てば終了、セレスピードよりも早く終わった気がします。
    DSC09579.JPG

試運転してみると、明らかにギアの入りが良くなっていると感じられる程
      DSC09582.JPG
チョットドキドキしますが、やはり時々学習は有効だと思います。     
                                                      
            
posted by じんちゃん at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | その他輸入車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月24日

初めて見た

エンストするルノー、4WDみたいなつなんですけどということでしたが、セニックRX4という車でした。

TEXAで診断してみると故障コードはなし
  DSC09415.JPG
ないほうが一点に絞り込めるので安心します。

パラメーターでアイドル回転数などチェック
    DSC09417.JPG  DSC09416.JPG
目標回転数に対して実測値は400rpm以下なんてことになってますし、この回転数だとチャージ電圧は10.3Vほどと下がってしましす。    

TEXAではどんなことができるのか興味深々
      DSC09418.JPG  DSC09419.JPG
アイドル調整なんて項目までありましたが、これは不具合を修理してから必要ならば実施することに

という訳でスロットルボディーとアイドルエアーバルブ(ブローバイコントロールバルブ?)を外して洗浄してみます。
        DSC09420.JPG
てっきり電子スロットルだと思っていたらワイヤー式、でも全閉時のクリアランスはキチキチなので洗浄が有効です。

アイドルエアーバルブのOリングがこんな状態なので交換
          DSC09421.JPG
こんな単純なことでファーストアイドルは1000rpm超え、暖機後のアイドリングも目標回転にピッタリ合いました。

このスロットルを作ってるメーカーはこんなところでした。
            DSC09422.JPG     
そういえば元々はフランスのメーカーなんですね。ミクニのキャブかと思ってました。      


☆今日のコロッケおじさん
スマホに換えて使い方がぎこちない・・・プププ
posted by じんちゃん at 19:47| Comment(3) | TrackBack(0) | その他輸入車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月14日

ガッチャンガッチャン

車検で入庫の156は朝一吹け上がり不良なんてこともあるそうです。
  DSC09302.JPG
健康診断とパラメーターで異常はなし、エアークリーナーとプラグを交換

時々2速を飛ばして3速に入れてしまうセレスピード、こちらも異常はないのでパラメーターを確認
    DSC09290.JPG

一度試してみたかったセレラーニングを実施、その前にこんなのも
      DSC09291.JPG

バツクアップをとりセレラーニング開始
        DSC09295.JPG  DSC09292.JPG
作動中はクラッチ切ったり繋いだり、シフトを入れたり抜いたりなのでポンプも頻繁に廻ります。

それより大丈夫?っていうくらいガッチャンガッチャンを繰り返してるのでドキドキ。
          DSC09294.JPG
という訳で完了


このあと試運転してみましたが一度も3速に飛ばしてしまうこともなくシフト良好

エンジンも吹け上がりに問題ないので、明日もう一度試運転してから納車させていただきます。




今度はもっとドキドキするクアトロポルテで実施してみようと思います。

TEXAイイ♪
posted by じんちゃん at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | その他輸入車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月07日

イケそうでイケない

クアトロポルテいろいろ

リヤブレーキパットは限界超え
  DSC09156.JPG
ローターまでキズがついています。

純正パットは¥42000ですって高け〜
    DSC09166.JPG
何処かで見たことあるブレンボキャリパーだったので、調べてしみたらW163と共通なのでコチラで手配

ローターは厚さは十分だったので研摩で対応
      DSC09173 (1).JPG
制動力にも全く問題ありませんでした。


運転席ドアはインナーハンドルでは開きません
        DSC09171.JPG
ワイヤーが外れていたのですが、クラックも入っていたので補強

さらにタイラップで固定すれば、もう外れることはないでしょう
          DSC09172.JPG
ここだけ部品は出るみたいですが、聞く気にもなりませんでした。


健康診断はDS708を試してみます。
  DSC09195.JPG
メーター内が賑やかになっているのでイケるかな?と思ったら接続不可能・・・残念

E-OBDで診断結果はコレだけ
    DSC09196.JPG  DSC09197.JPG

パラメーターのチェック
      DSC09198.JPG  DSC09199.JPG
今のところ問題ありませんが、原因不明の不具合が起きていたという車両なので、もう少し突っ込んだ診断が必要です。

あとはデュオセレクトのキャリブレーションを試してみたいのですが・・・          
                                           
posted by じんちゃん at 20:57| Comment(5) | TrackBack(0) | その他輸入車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。