過去の記事は、こちらからご覧いただけます。

2012年04月19日

バッテリー上がりと誤作動

3日ほどエンジンを掛けないとバッテリーが上がってしまう993・カレラの入庫です。

また一度だけセキュリティーアラームが鳴り響き、近くにいたのですぐに解除したそうです。

先ずはアラームの誤作動から診断、アラームをスキャンしてもDTCはありませんでした。(アラームが作動するとDTCが残るのですが、解除する時間が早いとDTCが残りません。)

アラームが正常に作動しているのおw確認するため、リモコンでドアロックするとLEDが異常点滅
  DSC07077.JPG
    

そこでエンジンフードのマイクロスイッチを点検
    DSC07078.JPG
異常なし

トランクフードのマイクロスイッチも点検  
      DSC07079.JPG
コチラはマイクロスイッチをオフにしてもトランクルームランプが消えませんでした。

ということはこのマイクロスイッチの不具合かと思いましたが、配線図で確認するとルームランプと連動していることを発見、ドアを閉めて確認するとトランクルームランプがマイクロスイッチと連動して消灯することが分かりました。

残るはグローブボックスのマイクロスイッチ
        DSC07080.JPG
グローブボックスを開け閉めすると、LEDは正常に点滅しました。

どうやらココが原因、グローブボックスの蓋を触っているとグローブボックスランプが点灯したことを確認
          DSC07080.JPG
つまり暗電流の原因もココだったようです。

裏付けの為、このままの状態で暗電流を測定
            DSC07084.JPG
287mAと多すぎ
 
グローブボックスがキチンと閉じた状態では
              DSC07083.JPG
12mAと、アラームが作動しているのでこの位で正常でしょう。

そこでグローブボックスのマイクロスイッチにビニールチューブを被せてかさ上げ
                DSC07081.JPG
こうすれば開ききったときにグローブボックスランプが点灯するので、誤作動の心配もありません。

1か所で2つの不具合が直るのって、得した気分♪                
posted by じんちゃん at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ポルシェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月13日

近所迷惑

セキュリティーアラームの誤作動で入庫の996・カレラです。

アラームのDTCは・・・
  DSC07028.JPG  DSC07029.JPG  DSC07030.JPG  DSC07031.JPG 

    DSC07032.JPG  DSC07033.JPG  DSC07034.JPG  DSC07035.JPG
怪しいのは助手席コンパートメント監視センサー?

これらをクリアして夕方ドアロック、一晩おきましたがアラームの誤作動はないまま・・・
      DSC07039.JPG      
翌日の午前10時過ぎに突然警報が鳴り響きましたが、ドアロックを解除してキャンセルしましたがDTCは何も残っていませんでした。

助手席コンパートメント監視センサーも点検しますが問題なし

そこでもう一晩ドアロックして様子を見ようと思いましたが、ドアロックした途端に”ピッ”とホーンが鳴りLEDが異常点滅しました。

トランクもエンジンフードも閉じているので、センターコンソールを点検してみると、ボックスのヒンジが割れてグラグラ・・・

もしかしてこのマイクロスイッチの不具合かとボックスの蓋を開けたまま、ボールペンでマイクロスイッチを固定、そのままドアロックして丸2日誤作動はなし

というわけでお見積もりしましたが、センターコンソールは¥57000で在庫なし、本国オーダーで1カ月前後の納期となってしまうことが分かりました。

そこで一旦納車することなり昨日納めると、本日バッテリー上がりとセキュリティーアラーム誤作動で993・カレラが入庫

重なるときは重なるもんです(笑
posted by じんちゃん at 20:16| Comment(2) | TrackBack(0) | ポルシェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月09日

ぬかよろこび

エンジン不調で入庫の964・カレラ2です。

調子のよい時と悪い時があるのですが、調子良くても高回転時に失火するような症状です。

そこでクランクセンサー信号を確認
  DSC06873.JPG

キレイな波形がでているのですが、時々失火して息継ぎ状態
    DSC06874.JPG
そのうちこんなものを発見、これが原因で失火しているのか?と一人でニヤニヤ

でもサービスマニュアル見てたら同じような波形を発見
      DSC07043.JPG
これはリファレンスマークシグナルで正常だと判明

ガッカリと同時に、ちゃんと調べて良かったと一安心
posted by じんちゃん at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ポルシェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月07日

V1.00検証

車検整備で入庫の997・カレラSにてDS708のポルシェソフトV1.00を検証してみます。
  DSC06950.JPG

オートスキャンですべてのモジュールを一括読み取り可能
    DSC06951.JPG DSC06952.JPG
車検などのときにはとても便利な機能です。

一過性と思われるこのようなフォルトコードが残っていましたが
      DSC06954.JPG  DSC06956.JPG  DSC06958.JPG
一旦クリアして再スキャン、全てのフォルトコードが消えました。

期待したのはサービスリセット、V1.00ではこの機能が追加されていればよいのですが・・・
        DSC06965.JPG  DSC06966.JPG
残念ながら、サービスリセットには対応していませんでした。

でも驚いたのはドライブ リンクスの機能
          DSC06960.JPG  DSC06961.JPG

バルブテストでは警告灯を一斉に点灯させることができたり
            DSC06962.JPG  DSC06963.JPG
インジケーターテストでは各メーターの機能点検もできます。

ってことは、もしかするとエンジンのアクティブテストもできたりして・・・
              DSC06970.JPG  DSC06971.JPG
期待したとおりの使える機能が盛り込まれています!

ここでスキャナーをi-SCANUに換えて特殊機能を選択
  DSC06967.JPG

サービスインターバルリセットすれば
    DSC06968.JPG

しばらく待てばdone!でリセットが可能
      DSC06969.JPG
       
こちらの使える機能は各種コーディング
        DSC06974.JPG  DSC06975.JPG  DSC06976.JPG
アクティブテストはできませんが、こんな特殊機能が使えます。

サービスリセットはi-SCANU、アクティブテストはDS708と組み合わせれば最強?

いうこともあり、最近VeDiSUが気になってタマリマセン
posted by じんちゃん at 20:30| Comment(2) | TrackBack(0) | ポルシェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月06日

メーカー在庫なし

車検整備で入庫の997・カレラSです。

車検整備といっても、ハード面では特に不具合や消耗品の交換も必要なし
  
レッドキャリパー装着車なのでキャリパー洗浄が主な仕事だったりします。
  DSC06946.JPG  DSC06947.JPG
汚れを落として磨きあげればこんなにピカピカ

またリヤタイヤがここまで減っているとは思わずにお使いになっていた様子
    DSC07007.JPG
交換するのですが、N指定のP-ZERO ROSSOはメーカー在庫なし 

N指定が入荷するまでの繋ぎで、極上中古P-ZEROを購入
      DSC07013.JPG

中古とはいえ、ほぼ新品のような状態
        DSC07014.JPG
ホイールバランスもキッチリ調整しておきました。

そしてエンジンオイルはモチュール 8100に交換
          DSC07017.JPG
オイルレベルもキッチリ合わせておけばスッキリ

ソフト面では、DS708のV1.00を検証する絶好の機会なのでお楽しみに  
posted by じんちゃん at 20:49| Comment(1) | TrackBack(0) | ポルシェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月27日

足して2で割る?

他工場よりスキャンテストとサービスリセットで入庫の987・ケイマンSです。

なんでも今までは目黒まで持ち込んでリセットしていたとのこと・・・

そりゃ大変でしたね〜ということで、DS708のポルシェに関する検証を兼ねて接続してみます。

先ずはi-SCANUで接続、ショートテストはできませんので各モジュールに個別に接続してスキャン
  

DMEやTipにDTCはなし、エアバックには3つのDTC
  DSC06850.JPG  DSC06851.JPG  DSC06852.JPG
勿論、警告灯は点いていませんでしたがこれらをリセット、残ったのはU0141だけ

またゲートウェイには1つのDTC
    DSC06853.JPG
こちらのクリアもできませんでした。

今度はDS708を接続
      DSC06854.JPG
オートスキャンでショートテスト出来るのが優れもの、ゲートウェイに2つのDTCを検出していますが故障内容の記述はなし、またどちらスキャナーの診断が正しいのか不明

いちばん試してみたかったのはサービスリセットですが、DS708では不可能でした。

そこでもう一度i-SCANUを接続
        DSC06855.JPG
ケイマンや987ボクスターで接続してもリセットできませんが、997で接続すればリセット可能

やはりポルシェでも一丁一旦といったところでしょうか?

因みにDS708のポルシェソフトは最新版ではありませんので、バージョンアップしてみます。
posted by じんちゃん at 20:11| Comment(1) | TrackBack(0) | ポルシェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。