過去の記事は、こちらからご覧いただけます。

2013年10月24日

白が3台

車検の964はPゼロ・ロッソが届いたのでタイヤ交換
  IMGP1686.JPG
BSからの履き換えですが、ショルダーが柔らかくて乗り心地も良さそう

折角なのでホイールの裏側も洗浄しておきます。
    IMGP1684.JPG  

ケイマンSはオイルとフィルター交換
      IMGP1688.JPG  IMGP1689.JPG
室内からオイルを補充するので養生はしっかりと

オイルレベルをメーターで確認
        IMGP1691.JPG

サービスリセットもしておきます。
          IMGP1692.JPG      

パナメーラ4Sはエアサス故障でこれから診断なので凄いシャコタン
            IMGP1694.JPG


という訳で白いのが3台揃いました。
              IMGP1685.JPG      

W220はタンデムポンプからオイル漏れで凄いシャコタン
                IMGP1695.JPG
シャコタン好きには堪らないんじゃないかと思う

☆明日のオレ
再検査に行くけど、フカサワン君だけ理由を知っている・・・・                                       
posted by じんちゃん at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ポルシェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月20日

N3を待つ

車検整備の964、毎度ご入庫ありがとうございます。

消耗品をチェックして交換
  IMGP1651.JPG
エアーエレメントは色的に問題なくてもゴミの量はなかなかです。

キャリパー洗浄とリヤはパット交換
    IMGP1658.JPG  IMGP1659.JPG

      IMGP1656.JPG  IMGP1657.JPG
リヤは4ポッドと2ポッドがあるのでパットの形状は異なります。

左のラックブーツも切れていたので交換
        IMGP1660.JPG  IMGP1661.JPG
¥2200と安い部品だし、バンドなんか使用しない嵌め込むだけのブーツなのでスッキリしてます。

今回はリヤタイヤの摩耗が激しいのですが4本とも纏めて交換
   
N3(ポルシェ指定)のPゼロの納期を待って交換させていただきます。

☆今日のオレ
新品不良か誤診か?で悩む
posted by じんちゃん at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ポルシェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月26日

ポンプは3つ

カイエンGTSはエンジン不調、DTCはランダムミスファイヤと各バンクのミスファイヤ

といっても失火している感じではなく、出力不良と始動性不良な感じです。

症状から推測して燃圧を測定、インタンクに左右のデリバリユニットと直噴なのでハイプレッシャーポンプという組み合わせです。

先ずはデリバリユニットから点検しますが、両方動いたり右だけ動いたり・・・・今度は左側だけ動いたりで?

でもハイプレッシャーポンプの手前でロープレッシャーを測定していれば問題ありません。
  IMGP1239.JPG
この状態で試運転して不具合を確認、するとセットポイントまでハイプレッシャーが上がりません。

さらに試運転しているとマフラーからポコポコいって出力不足と吹け上がり不良
    IMGP1240.JPG
そんな時には要求圧の1/10以下の圧力、でもデリバリ側のロープレッシャーは一定です。

という訳でハイプレッシャーポンプを交換
      IMGP1326.JPG
アルミの足場に置いてあるのは左バンクの後方にアクセスした跡だから

こんなとこに付いてます。
        IMGP1328.JPG
交換後はクランキング時間も短くエンジンも絶好調!

あとは気になるサービスリセットして完成
          IMGP1349.JPG
posted by じんちゃん at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ポルシェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月17日

一度だけ

ケイマンSはオイル交換とショートテストの為、八王子よりご来店

エンジンオイルは室内から補充するので養生はしっかりと・・・でも緊張します。
  IMGP1257.JPG    

ショートテストの結果はこんな感じ
    IMGP1258.JPG  IMGP1259.JPG

一度だけアイドリング中にエンジンチェックランプが点灯したことがあるそうですが・・・
      IMGP1260.JPG
1番シリンダのミスファイヤですが、特に不調ではなかったとのこと

取りあえずリセットして、再発するようであればプラグなんか全部交換しちゃいましょう。

あとはこんな感じで一過性のものばかり
        IMGP1261.JPG  IMGP1262.JPG

エンジンオイルを交換したのでリセットも
          IMGP1266.JPG

10分経過したのでオイルレベルをメーターでもチェック
            IMGP1267.JPG
アッパーレベルにピッタリでスッキリ

これで安心してカレラ4Sと勝負できます。

☆今日のタナマッチャン
次男とその一味を連れて謝りにいく                   
posted by じんちゃん at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ポルシェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月04日

ヒエヒエ〜

エバポレーター交換の964は勿論エキスパンションバルブも交換
  IMGP1170.JPG
BEHRのエバポンとEGELHOFのエキパンは純正OEMなので安心

真空引きしてからバタバタして1時間以上放置してもこの状態
    IMGP1186.JPG

ガスチャージしてみれば吹き出し口温度はこんな感じでヒエヒエ〜
      IMGP1189.JPG
これで毎年エアコンガス補充なんてことから解放されます。

某チューニング屋さんから入庫の147とミニは両方ともエンジンチェックランプ点灯
  IMGP1188.JPG
もうこれ以上お預かり出来ないので、診断だけしてお帰りいただきました。
posted by じんちゃん at 20:12| Comment(3) | TrackBack(0) | ポルシェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月01日

逆戻り

964のエアコンガス漏れ
  IMGP1122.JPG  IMGP1123.JPG
以前に貰った探知機を使ってみました。クーリングユニット内部と、左側ブロアファン近辺は高反応

という訳でエバポンば交換するとです。

最近涼しくなってきたと思ったら、今日の暑さは強烈・・・・
    IMGP1156.JPG  IMGP1157.JPG
クーリングユニットを外すだけで汗が止まらない状態、2回もシャワーを浴びちゃった。

☆今日のオレ
バブシャワー・エクストラクールにやみつき
posted by じんちゃん at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ポルシェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月26日

まだまだ間に合う

964の引き取り

今日は涼しかったけど、エアコン修理もまだまだ続きます。



IMG_20130826_183838.jpg
posted by じんちゃん at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ポルシェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月19日

やっと到着

カイエンのバルブボディー交換
  IMGP1062.JPG

ドイツ手配はドキドキが多くて胃が・・・
    IMGP1060.JPG
ドイツ語なんて英語よりもっと分からないし、手違いがあったりしたけど届いてよかった。

本日入庫はこんな感じ
      IMGP1074.JPG
エンジンは掛かるけど全く動かないミニ

ブレーキと異音修理のW203
        IMGP1076.JPG

E60は鈑金塗装とエアバックランプ
          IMGP1077.JPG

ラグナワゴンは車検とA/T修理
            IMGP1075.JPG
  
☆今日のトゥアレグ
トルクコンバーターシールは国内在庫なしでガッカリ
posted by じんちゃん at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ポルシェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月18日

PCMがない?

997はエンジンオイル交換とスキャンチェック
  IMGP0748.JPG  IMGP0749.JPG
オイルはモチュール8100、フィルターも同時交換

スキャンチェックはデュラメトリックで
    IMGP0781.JPG  IMGP0782.JPG

      IMGP0783.JPG  IMGP0784.JPG

  IMGP0785.JPG  IMGP0787.JPG
エアコンの故障コードが消えませんが特に不具合はなし、PCMとのコミュニケーション不良でしょうか?

このお車もフォグランプとハイビームが同時点灯しません。
    IMGP0788.JPG  IMGP0789.JPG
フロントモジュールをコーディングしてハイビームに切り替えてもフォグランプが消灯しないように設定

997になるとコーディングなんてお好みで設定して下さいみたいな感じ
      IMGP0790.JPG
エアコンと通信不良のPCMはノットインストール状態、今回はここまでで終了とさせていただきます。

TPMも付いているので空気圧調整してモニターチェック
        IMGP0791.JPG  IMGP0792.JPG
運転席で空気圧が分かるのってイイですね。

最後にオイル交換のサービスリセッして完成
          IMGP0793.JPG

☆今日のオレ
E36の配線図を無料でダウンロード          
posted by じんちゃん at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ポルシェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月09日

快適〜

964のエバポレーター交換、福岡じゃ”エバポン”で通じるそうですたい
  IMGP0666.JPG
燃料タンクとクーリングユニットばゴッソリ取り外すばい

クーリングユニットの中ばオイルでベットリたい、ようけ洗っとうと
    IMGP0667.JPG

ちかっぱいエバポンば交換
      IMGP0668.JPG
エキパンも交換したほうが良かっとって・・・・こんなで合ってますか?

真空引きして30分放置
        IMGP0675.JPG  IMGP0676.JPG
冷媒を補充して圧力チェックしても完璧、これで夏も快適にお乗り頂けます。

メーターレンズも曇りが発生
          IMGP0673.JPG  IMGP0674.JPG
カシメを外して点検

クロックは汚れを拭き取ればキレイになりましたが
            IMGP0731.JPG
オイル・フューエルメーターは合わせガラスの剥離のため樹脂レンズに交換

普段から目につく場所なので、キレイになってスッキリ〜

☆昨日〜今日の宮城
本当はビビって眠れなかったくせに
posted by じんちゃん at 19:47| Comment(3) | TrackBack(0) | ポルシェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月06日

悪そうなヤツが来た

996のウインドレギュレーター交換
  IMGP0722.JPG
調整して全閉時はこんな感じ

アウターハンドルを引けばここまで下がります。
    IMGP0723.JPG
こんな調整に時間を掛けられないのはナガヌマン君が遊びに来てるから

チョロイチョロイなんて言いながら、挟み込み防止で勝手に下がったりしちゃうのでカッコつけるのも大変

987は満充電してチャージ測定はOK
      IMGP0711.JPG  IMGP0712.JPG
お目覚め中は850mAですが、30分もしてオヤスミになれば30mAと正常、このクランプメーターも調子良くて満足

月曜日のお引き取りをお待ちしております。



本日入庫の997はリヤタイヤ交換、ピレリからコンチネンタルに銘柄変更です。
        IMGP0729.JPG

ホイールバランスは正確に調整
          IMGP0730.JPG
数回調整すれば000と表示され一安心、だってナガヌマン君が横で見てるから

カイエンは自由を手に入れたナガヌマン君が悪そうなヤツでなにやら試してます。
            IMGP0726.JPG
”げへへへへ、君のヒミツの場所はどうなってるのー?”なんて言いながら  

事務員さんのトゥーランなんて丸裸状態!・・・・にはできなかったみたい
posted by じんちゃん at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ポルシェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月05日

ポルシェセンター山梨東(ウソ)

996はドアノブ触ってもパワーウインドがチョコッと下がらず、ドアが空きません。

定番のウインドレギュレターを交換して完成
  IMGP0699.JPG
と思ったら右側を注文したのに左側が届いていてガッカリ

じゃあサンルーフスイッチがブラブラに着手
    IMGP0696.JPG
ルームランプトリムの破損を接着剤で修復済み、プラスチックの劣化で強度を確保することは不可能

見積もりもらったら¥60800で国内在庫なしですって、こんな部品の値段とは思えないので少ない知恵を絞って粘土で型取り
      IMGP0697.JPG
トリムだけ外れてますが、この高さのスペーサーを作れば押し込んでも節度感あるスイッチを押しこめます。

どんな材質でスペーサーを作ったのかは内緒ですが完成
        IMGP0698.JPG
工賃を¥60800貰います。というのはウソです。



987はバッテリー上がり、運転席の足元でブースター接続したけど接触不良だったのでしょうか?トランクが開かなかったそうです。
  IMGP0700.JPG
という訳でレッカー車で引き取り、角材はアンダーカバーとか擦らないように荷台に敷いて使ってます。

健康診断はDS708で
    IMGP0703.JPG  IMGP0704.JPG
なんだか赤いのが多いような

ローボルテージというより、インストルメントとの通信不良が多いのはバッテリーがスッカラカンになったからでしょうか?
      IMGP0701.JPG  IMGP0705.JPG
どうしても消せないのはステアリングアングルセンサーの初期化不良

DS708では出来なかったのでデュラメトリックにチェンジ
        IMGP0707.JPG

注意書きを呼んでスタートをクリック
          IMGP0708.JPG      
PSM警告灯が消えれば初期化完了

ゆっくり充電してチャージ測定と暗電流をチェックしてみます。
            IMGP0702.JPG


☆毛蟹(兄)へ
IMGP0710.JPG 
行ったどー
posted by じんちゃん at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ポルシェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月22日

996の後期が苦手?

車検の996は後期型のカレラ、健康診断はデュラメトリックで
  IMGP0535.JPG
健康そのもの?バリオカムの不具合があったそうなんですが・・・・

念のためアクテイブテスト
    IMGP0535.JPG
エンストしたので機能点検としては問題なし

サービスリセットのやってしまおうと思ったら不可能、デュラメトリックってこういうの時々あります。


そこで今度はDS708
  IMGP0537.JPG  IMGP0538.JPG     
DMEに故障コードあり、メーターとの通信タイムアウトってことでしょうか?     

一方アラームはこんな感じ
    IMGP0539.JPG
社外ナビなので仕方ないです。

サービスリセットも出来るのでDS708が大活躍、デュラメトリックを使ってみて思うのは後期の996が苦手な感じ、997なんてとても使いやすいしコーディングも色々できるので残念です。


昨日頼んだ抵抗(¥21)が届きました。
  IMGP0560.JPG  IMGP0561.JPG 
送料と代引き手数料のほうがよっぽど高いですが、買いにいったと思えば安いと思います。

という訳でイーサネットOBD2コネクターの完成
    IMGP0563.JPG
試してみたいのがあるので構築してみます。

☆今日の茨城
可変容量で頭がいっぱい

◎今日の宮城
バーヒー誕生秘話を語る

△今日の千葉
雹が降ってきたのでシャッターを閉める
posted by じんちゃん at 20:19| Comment(2) | TrackBack(0) | ポルシェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月11日

走って確認

964のオイル交換
  IMGP0411.JPG
10W-40を使ってましたが、オイル滲みが目立ちます。

今回は10W-50をチョイス
    IMGP0412.JPG
クランクケースとアンダーカバーは洗浄しておきます。

オイルフィルターも交換
      IMGP0414.JPG
素早くチェンジ・・・なんて神業は使えないのでウエスをたっぷり使って養生。それでもこぼれるので洗浄するのが一番大変

規定量を補充してからいつものテストコースへ出動
        IMGP0415.JPG
油温を上げてからメーターとレベルゲージの両方で油量を確認し、不足しているようなら補充

ドライサンプはこういうところに気を使うので、待ちでの作業はお断りさせていただいております。


去年も効きがイマイチだったエアコンはゲージマニホールドを付けてビックリ、空でした。

点検の結果はエバポレーター不良、真夏を迎える前に交換することとなりました。
posted by じんちゃん at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ポルシェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月10日

欲しいのは3.6L

入庫中の996・カレラ4Sはエンジンから異音
  IMGP0401.JPG  IMGP0402.JPG  
インターミディエイトシャフトのベアリングかと思ったらクランクのリヤ側と右バンクのヘッドから

さらに左バンクからは白煙も出て出口は真っ黒
    IMGP0403.JPG  IMGP0404.JPG
残念ながらほぼ全滅といった状態です。

という訳で中古エンジンの情報求む

型式がGF(またはGH)ー99603・原動機が03の3.6Lエンジン、M96/03と呼ばれているものです。

後期型の996に採用されているので、心当たりの方はご連絡下さい。



送られてきたECUでバナゴン直る
      IMGP0405.JPG
時々イモビが働いてエンジンが掛からなくなっちゃうそうですが、イモビを殺してあるECUなので安心

師匠のスイス銀行・チューリッヒ支店に入金しましたが、無駄使いしちゃダメですよ。
posted by じんちゃん at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ポルシェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月02日

残念なのとバッチリなのと

アイシン6A/Tの修理は円安の為、バルブボディーの輸入に魅力がありません。

09D搭載のカイエンターボは変速ショックとジャダー
  IMGP0151.JPG  IMGP0131.JPG
該当するソレノイドバルブを対策品に交換、でもバルブボディー摩耗が原因と思われるオイルリークの為、変速ショックが改善することはありませんでした。

とはいえ出来ることは全て試してみます。
    IMGP0138.JPG  IMGP0139.JPG
スロットルアクチュエーターを外して洗浄

そして肝心のベーシックセッテイング
      IMGP0145.JPG
こういうところはデュラメトリックが使いやすいです。

コーディングもありますが、トゥアレグやQ7のプログラムに変更できるのでしょうか?カイエンの場合はポルシェらしく2速発進
        IMGP0143.JPG      
しかも6速なんてなかなか変速してくれません。

という訳で調整したりスロットルも初期化したりしましたが、残念ながらバルブボディー交換でなければ完治できない状態です。


一方09GのゴルフXは変速ショックとギア抜けの症状
  IMGP0281.JPG
やはり該当するソレノイドバルブを対策品に交換

コチラは変速ショックが一発で改善しましたが、変速遅れが目立ちます。

そこで滑らかな変速を目指して調整、シフトダウンが何時終わったのか分からないのが決め手です。

☆今日のオレ
posted by じんちゃん at 20:46| Comment(2) | TrackBack(0) | ポルシェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月31日

その瞬間が見たい

水温計が動かなくなってしまった987ボクスター
  
DMEの故障コードはこんな感じ
  IMGP0197.JPG  IMGP0198.JPG

    IMGP0199.JPG  IMGP0200.JPG

その時の実測値はこんな感じ
      IMGP0208.JPG
正常そのものですがメーターが動かないのでクリア、その瞬間に動き出しました。

このままでは再発の恐れもあるのでお預かり、その後チョロッと乗ったら一瞬だけ針が下がり、警告灯が点滅しすぐに復活。

翌朝アイドリングさせておくとこんな状態
  IMGP0203.JPG  IMGP0207.JPG

これはチャンスともう一度診断
    IMGP0204.JPG
やはり水温センサー回路、クリアすれば動き出します。

そこで登場”水温シュミレーター”出番がやってきました。
      IMGP0224.JPG

これで疑似信号を入力すればメーターの動きが変化するので簡単、ナガツマンさんありがとうございます!!
        IMGP0223.JPG
DMEの入力信号をインストルメントとCAN通信しているのでしょう、チャンネルを換えるとエンジン回転にも変化があります。

単体の抵抗値はこんな値、でもDMEがスリープしないとコネクタを接続したままではこの値にはなりません。
  IMGP0234.JPG

スリープから目覚めるとこんな値
    IMGP0235.JPG

エンジン始動中はこんな値
      IMGP0226.JPG
5Vの電圧が加わり、DMEがアースしたからでしょう。暫く観察していると断線することもあったので水温センサー不良に決定

最初から疑わしい水温センサー交換でもいいと思いますが、エンジンオイル温度の故障コードも入っており両方のアースは共通のハーネスだから、アース側の断線の可能性も含めて点検しました。
        IMGP0265.JPG
という訳で水温センサーを交換

交換後はまた試運転を実施、走行したら振動で断線したなんてことがないよう確認
          IMGP0266.JPG

今度はセイビノジキデスが気になるのでリセット
  IMGP0267.JPG  IMGP0205.JPG
でもi-SCANUじゃ出来ませんでした。

そこでDS708にチェンジ
    IMGP0269.JPG
年式を選ぶ方法でリセット可能、やるなDS708!

☆今日のオレ
アストロのマフラーを酸素で溶接、肉厚薄いし外れないんだもん
posted by じんちゃん at 19:52| Comment(2) | TrackBack(0) | ポルシェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月23日

ボクスター日和

986ボクスターはキーが抜けなかったりオーディオがOFFにならなかったり・・・
  IMGP0180.JPG
という訳でイグニッションスイッチを交換

運転席足元に潜り込んで、変な体勢で交換
    IMGP0182.JPG
左ハンドルで良かったと作業するたびに思います。

助手席のパワーウインド、通常ドアハンドルを操作するとチョコッとガラスが下がるのですが・・・
      IMGP0156.JPG
下がり方が少ないので、ガラスが幌に当たったまま引っ掛かり気味に開きます。

そんなときはパワーウインドレギュレーターを点検
        IMGP0202.JPG
レギュレーター破損によりモーターが駆動してもドアガラスが下がらない状態です。

今回はイタリア製の社外品で対応しました。
          IMGP0201.JPG
交換後、絶妙な隙間になるように調整すれば完成



987のボクスターは水温計が動かないそうです。
  IMGP0197.JPG  IMGP0198.JPG

    IMGP0199.JPG  IMGP0200.JPG
クリアしたら水温計が動くようになりましたが、なんだか怪しい

その後の試運転で数秒だけ水温計が下がり警告灯が点滅

明らかに不具合が起きています。


☆今日のオークション
やっと出てきたプロボックスは勿論5F、24年の9600km、評価点は4.5の外装B内装Cが買えました。
  IMGP0191.JPG                
posted by じんちゃん at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ポルシェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月15日

極上をさらに極上に

964ターボはナビの取付位置変更
  IMGP0102.JPG
ブラケットを逆さまにすると丁度良い位置になりました。これで近すぎて邪魔に感じることはないと思います。

ルームミラーに遊びがあるので交換
    IMGP0107.JPG
少しだけカタカタするのですが、極上車をさらに極上に仕上げます。


VW常総からバージョンアップ?して戻ってきました。
      IMGP0104.JPG

こちらもEXENTRYが使えなかったので修理とバージョンアップ
        IMGP0105.JPG

DS708も最近バージョンアップしてないなぁと思い実施
          IMGP0103.JPG
車検から帰ってきたらまさかの電源切れ・・・・

バージョンアップ中に原因不明でブレーカーが落ちてました。 
            IMGP0106.JPG      電源を入れ直して続きを実施、なんかバグッてないか心配ですが、全てのメーカーを検証することは不可能なのでこのままで使ってみます。                       
                  
posted by じんちゃん at 20:06| Comment(3) | TrackBack(0) | ポルシェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月13日

空冷ターボ

964ターボの車検、エンジンオイル交換とフィルター交換
  IMGP0075 (1).JPG
ターボの場合フィルターは下から交換

クランクケースは勿論、ターボの場合はタービンのリターン側からも抜き取ります。
    IMGP0076 (1).JPG  IMGP0077.JPG
しかしエンジンオーバーホール済みだけあって、素晴らしくキレイなエンジン

ドライサンプのオイルタンクからも抜き取ります。
      IMGP0078.JPG

                
使用するオイルは300Vの15W-50
        IMGP0080 (1).JPG
年間走行距離は少なくても、空冷のオイル管理は重要です。

ブレーキフルードも交換、キャリパーもとてもキレイな状態
          IMGP0081.JPG  IMGP0082.JPG
こういった場合は洗剤での洗浄なしで、ウエスで空吹きだけで済ませます。

クラッチレリーズも点検、フルードも勿論交換します。
            IMGP0083.JPG


レトロフィットのエアコンはR134a、こんなにエアコンの効く964は乗ったことありませんし、何もかもが極上のターボは後世に残したいと思えるお車です。
posted by じんちゃん at 20:10| Comment(3) | TrackBack(0) | ポルシェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする