過去の記事は、こちらからご覧いただけます。

2014年04月21日

ライブデーターの重要性

変速タイミング不良のA3は01Mの4A/T、普通に踏んでるのに3000rpmまで回ってもシフトアップしてくれません。

そこでライブデーターを確認しながら試運転
  2014-04-19 09.22.22.jpg
ソレノイドバルブが駆動しても変速しないのか?ソレノイドバルブを駆動するタイミング遅いのか?を検証します。

ソレノイドバルブの変速タイミングが遅すぎることが判明、最初のお見積りではバルブボディーO/Hとソレノイドバルブの交換でしたが予定変更

変速タイミングのキモとも言えるスロットルバルブを洗浄してTBA(スロットルボディーアライメント)を実施

それでも変速タイミングが遅いと感じられるのであればこんなことも
    2014-04-12 17.05.04.jpg
エコノミーツーリングモードにコーディング変更なんて方法もあります。

今回はそこまでしなくても1500rpm付近でシフトアップしていくので完了

ATF交換なんて方法より簡単に症状が改善するのでオススメです。

☆今日のオレ
久しぶりに原チャリに乗った 
  
posted by じんちゃん at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | VW・AUDI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。