過去の記事は、こちらからご覧いただけます。

2014年01月27日

もはや定番

エンジンオイル漏れのE90・320iはバキュームポンプから
  IMGP2291.JPG
以前はシールキットはありませんでしたが、最近は設定されたみたいです。

ヘッドカバーも全体的に滲んでいたのでパッキンセットを交換
    IMGP2292.JPG

シールフランジも同時に交換
      IMGP2293.JPG
煙が出て臭いなんていうのは定番修理です。


一方E91・325iはステアリングロックの警告灯点灯
  IMGP2284.JPG  IMGP2285.JPG
故障コードはこんな感じ

DS708でクリアしてもこれだけはクリアできません
    IMGP2294.JPG

でもステアリングロック機能に問題がなければ、ISTAの故障診断ガイドに沿って点検していけばクリアすることができます。
      IMGP2295.JPG
でもどこかで突然エンジンが掛からなくなるなんてこともあるので、ステアリングコラムは交換するのが鉄則です。

☆最近の細菌
強い奴が蔓延ってる
posted by じんちゃん at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | BMW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/386255649

この記事へのトラックバック