過去の記事は、こちらからご覧いただけます。

2013年12月01日

家庭の事情で

エアバック警告灯点灯のE83・X3
  IMGP1923.JPG

DTCはこんな感じ
    IMGP1924.JPG
助手席の着座センサーみたいです。

でもセンサーマット・ハーネス・コントロールユニットの3つに分かれて部品供給があるので、ISTAにチェンジして診断ガイドを参照
      IMGP1927.JPG  IMGP1930.JPG

理解できたところで測定
        IMGP1932.JPG  IMGP1931.JPG
センサーマットの断線と診断して見積もり出したら直さないとのことでガッカリ

車検のE91・325iはプログラミングも実施
  IMGP1925.JPG  IMGP1926.JPG 

プログラミング中にサンルーフとパワーウインドのキャリブレーションは勝手に動き出します。
    IMGP1934.JPG 

消耗品の交換はマイクロフィルターとLLCだけ
      IMGP1938.JPG  IMGP1937.JPG
Mスポの足からシュニッツァーに変更されていましたが、乗り心地が良くてビックリ

メーカー出荷後、初プログラミングでしたので、プログラムパーツナンバーが相当上がりました。

E87・116iはリフトアップ表示とエンジンチェックランプ点灯
  IMGP1944.JPG

”ブレーキパットとセンサーは以前に交換してあります。”とのことですが
    IMGP1945.JPG  IMGP1946.JPG
”交換しただけじゃダメで、リセットしてあげないとこうなっちゃうんです。”とご説明 

エンジンチェックランプはエアーマスフローポッシビリティー
      IMGP1947.JPG
でも現車はLCIモデルでエアマスはなし            

じゃあどんなふうに制御してるんだよ!
        IMGP1949.JPG  IMGP1950.JPG
という訳でコチラもISTAを引っ張り出して診断ガイドを参照

ふ〜ん。と分かったようなフリしてスロットルアクチュエーターを清掃  
          IMGP1951.JPG  IMGP1952.JPG

最後にアダプテーションリセットして
            IMGP1953.JPG  IMGP1954.JPG
これで様子をみてもらって、再点灯なら別の方法を考えます。

☆最近のオレ
やっと普通の生活に戻れた
posted by じんちゃん at 18:00| Comment(2) | TrackBack(0) | BMW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お待ち致しておりました♪
Posted by hiro at 2013年12月01日 18:09
hiroさま
でもまた明日から・・・
Posted by じんちゃん at 2013年12月02日 07:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/381628991

この記事へのトラックバック