過去の記事は、こちらからご覧いただけます。

2013年06月21日

国内手配もありです。

E46はASC警告灯点灯、ディーラーでリセットしてもらったそうですが再点灯とのことです。
  IMGP0406.JPG
リセットしてもまた点灯するようならASCハイドロリックユニット交換と説明を受けたとのこと

じゃあ診断料なんて頂けませんので確認の為ISTAで診断
    IMGP0407.JPG  IMGP0408.JPG
一過性のものではなく現在も不具合発生中、後期型のASCでインターナルフォルトじゃ修理なんてできません。  

という訳で定価¥200000のハイドロリックユニットではなく定価¥130000のリペアキットに交換、海外手配でも送料含めりゃ同じようなもの、でも国内手配だってお安くご提供できるルートを確保しておりますのでご安心ください。
      IMGP0465.JPG  IMGP0466.JPG
ご了承いただき部品を手配してビックリ、ラスト1個の在庫だったようです。これはラッキー♪

交換後エアー抜きし、このままの状態ではASCは点灯でABSは消灯、ブレーキ警告灯は赤から黄色に変わってます。
        IMGP0474.JPG

安定化電源を確保してプログラミング
  IMGP0472.JPG

主にリプレイスメントフォローアップとコーディング
    IMGP0479.JPG

でも途中でXが出てビックリ
      IMGP0485.JPG
良く見てみればプレッシャーセンサーやアクセレーションセンサーのアジャストメントの失敗

何故ならDSCのプログラミングしか選択できないけどこの車はASCだから、プレッシャーセンサーもアクセレーションセンサーも付いてません。

すべて終了でファイナルレポートを出力
        IMGP0487.JPG
30分程のプログラミングで無事完成、ご安心してお乗りいただけます。

☆今日の発注
ちょっと円高に戻ったのでカイエンのスイッチユニットをドイツ手配
          IMGP0558.JPG
                                                            


posted by じんちゃん at 20:03| Comment(2) | TrackBack(0) | BMW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
BMWのHCUは高いねー(汗)
部品はVWとそんなに違う様には見えないけど、値段は・・・
Posted by ユニットはたけえーぞー at 2013年06月22日 00:08
毛モジャくん
前期の基盤不良だったら直せるのにねー
Posted by じんちゃん at 2013年06月22日 07:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。