過去の記事は、こちらからご覧いただけます。

2013年05月13日

空冷ターボ

964ターボの車検、エンジンオイル交換とフィルター交換
  IMGP0075 (1).JPG
ターボの場合フィルターは下から交換

クランクケースは勿論、ターボの場合はタービンのリターン側からも抜き取ります。
    IMGP0076 (1).JPG  IMGP0077.JPG
しかしエンジンオーバーホール済みだけあって、素晴らしくキレイなエンジン

ドライサンプのオイルタンクからも抜き取ります。
      IMGP0078.JPG

                
使用するオイルは300Vの15W-50
        IMGP0080 (1).JPG
年間走行距離は少なくても、空冷のオイル管理は重要です。

ブレーキフルードも交換、キャリパーもとてもキレイな状態
          IMGP0081.JPG  IMGP0082.JPG
こういった場合は洗剤での洗浄なしで、ウエスで空吹きだけで済ませます。

クラッチレリーズも点検、フルードも勿論交換します。
            IMGP0083.JPG


レトロフィットのエアコンはR134a、こんなにエアコンの効く964は乗ったことありませんし、何もかもが極上のターボは後世に残したいと思えるお車です。


posted by じんちゃん at 20:10| Comment(3) | TrackBack(0) | ポルシェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どの画像見ても極上ですね!こんなポルシェならツナギの袖も汚れずに♪インタークーラー左奥角のアース不良でエンジン止まっちゃう…って修理を思い出しました。
Posted by hiro at 2013年05月13日 22:43
そんな時、酒豪ターボは残れるでしょうか・・?
Posted by 酒豪ターボ at 2013年05月13日 22:43
hiroさま
ビックリするくらいキレイな車です!

酒豪ターボさま
師匠は国宝級ですよー!
Posted by じんちゃん at 2013年05月14日 07:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック