過去の記事は、こちらからご覧いただけます。

2013年01月25日

安心のための選択

時々シフト不良を起こすMR-Sは、ポンプASSY交換という選択肢を選ばれました。
  DSC00204.JPG
本来ならばアキュームレーターだけの部品設定が欲しいところ、でもASSY供給なので仕方ありません。

エアークリーナーを外すと見えてきます。
    DSC00205.JPG

オイルが入った状態で新品が届いたので?
      DSC00206.JPG
3本のホースは全てクイックカプラー、一滴もオイルをこぼさずに交換することができます。


もう一度シーケンシャルラーニングをして試運転
        DSC00207.JPG
ポンプの作動音も静かになり作動状態も良好

これで安心してお使いいただけると思います。


☆今日のオレ
やっと雪が少なくなったので996で踏んでみたけど現象確認には至らない


posted by じんちゃん at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 国産車整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック