過去の記事は、こちらからご覧いただけます。

2012年10月24日

へぇ〜

昨日のMPVの続きです。

時々HOLDランプが点滅するとのこと、パワートレインのDTCは・・・
  DSC09044.JPG
以前にもこのDTCをクリアしたことがありますが、その後の再発などの連絡はいただけないままでした。

今回はパルスジェネレーターを交換させていただきます。
    DSC09052.JPG
¥4340とリーズナブル

またVSSのDTCも残っていましたが、前後のタイヤサイズが違うのが原因ではないかと推測、一旦クリアして本日受検、帰ってきてから再度診断してみるもDTCはありませんでした。

215/65-15と205/65-15じゃ外径が違いすぎますが、ABSにもDTCがないので形容範囲なのかもしれません。でも4本サイズをそろえておく方が良いのでは?とアドバイスはさせていただきます。

でHOLDランプの点滅もなしなので、こちらもOKじゃないでしょうか?


また入庫時に点検しているとエンジンルームから吸い込み音が・・・
      DSC09045.JPG
インテークダクトがひび割れ

この状態でデーターモニターすると
        DSC09046.JPG
こんな状態、分かりやすいのはO2センサー0.09Vで固定

テープで塞いで変化値を読み取ると
          DSC09047.JPG
IACは下がり、O2センサー値は変化してしるのが分かります。でもMAFはもう少し上がると思ったんだけどな〜

薄い状態では危険なのでダクトを新品に交換してから受検
            DSC09053.JPG
でもエンジンチェックランプは点灯していなかったか気になります。

そこで取説で確認してみるとエンジンチェックランプについての記載はありませんし、メーターで確認してもみつかりません。
              DSC09048.JPG
そんな車あるんだぁ〜と驚く反面、GF-で始まる10年アイドル規制車がこれでいいのだろうかとチョット心配

ここにあるよ!なんて情報があれば助かります。


posted by じんちゃん at 20:53| Comment(3) | TrackBack(0) | 国産車整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マツダ MPVのダクトホースひび割れ
振興会から出ている今月(10月号)の技術情報に載っていますよ〜

技術情報ではMPV(型式LW)等の長期使用過程車は
アイドル不調やRレンジシフト時にエンストなどの例が見られ
エアホースを指で広げるなどをしてひび割れを点検しろと書いてあります

当社でも今月1台エアダクトホースを交換しています

Posted by まさみ at 2012年10月24日 23:23
11.5〜車両はMIL無くて 15.9〜の車両はMIL有りに配線図上ではなってます でもどちらもウォーニングランプのセクションを見てみたらMILについて載ってない なんだこりゃ?
Posted by nagatsuma at 2012年10月25日 00:39
まさみさま
情報提供ありがとうございます。

nagatumaさま
まさしく11年11月登録車両、やっぱり付いてないんですね。

配線図まで調べていただきありがとうございました。おかげさまでスッキリしました♪
Posted by じんちゃん at 2012年10月25日 07:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック