過去の記事は、こちらからご覧いただけます。

2012年10月08日

ドライバビリティー良好

DS708のデモ機が届きました。
  DSC08920.JPG  
1週間を目安に、いろんな車に接続してダイアガンとの違いを体感してみて下さい。

きっと気に入っていただけると思います。


エンジンチェックランプ点灯で入庫のアルファード
    DSC08907.JPG
カムセンサーに異常なのかな?と調べてみると、なんとバルブタイミングのズレかECUの不具合とのこと
 
じゃあタイミングベルトカバーを外して検証
      DSC08910.JPG

        DSC08912.JPG 
でも奥のバンク1は鏡で移して位置を確認するのですが、とても見えにくい状態

カメラを突っ込んで直接写してみると・・・
          DSC08913.JPG
なんと1コマ、ズレていました。

8月の終わり頃からエンジンチェックランプが点灯していたそうですが、ドライバビリティーは良好とのことでしたので、一旦クリアしながら様子を見てもらっていました。

でもこの症状はタイミングベルト交換直後からの不具合

結局タイミングベルト交換時の掛け違いが原因でした。



そのタイミングベルト交換した奴は誰だ!


オレです・・・・・・                  


posted by じんちゃん at 22:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 国産車整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
金取っといて馬鹿じゃねえの?
Posted by ならず者 at 2012年10月23日 21:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック