過去の記事は、こちらからご覧いただけます。

2012年09月26日

予想は的中

バッテリーターミナル逆接のマジェスタ、エンジンチェックランプも点灯ということで他工場よりヘルプ依頼
  DSC08795.JPG
吹け上がらない症状もでているとのこと、VSCとかTRCとかも点灯ってことはスロットルアクチュエーターでしょ?

DS708でスキャンチェック
    DSC08797.JPG
正解でした。

なにも言われてませんが、コチラもこんな表示
      DSC08796.JPG

先ずはエンジンから、逆接の場合はヒューズ切れを疑うのが鉄則
        DSC08798.JPG

ヒューズ切れは交換してあるようですが・・・
          DSC08799.JPG
差し込んだところが間違ってます。これだけでエンジンチェックランプは消え吹け上がるようになりました。

また30Aのヒューズが刺さっていますが、本来は15A
            DSC08800.JPG
勿論戻しておきましたが、吹け上がらないとかエンジンチェックランプ点灯を難しく考えすぎだと思います。

スキャナーが無くても、たったヒューズ1つでもエンジンチェックランプは消灯して吹け上がるようになります。

オーディオもエアコンも使えないので室内のヒューズをチェック
  DSC08801.JPG  DSC08802.JPG

助手席側のラジオ1の10Aヒューズ切れを交換
    DSC08803.JPG  DSC08804.JPG
これでオーディオもエアコンも使えるようになりました。                       

                     
それでも何処かに不具合が残っているのでは?と思いますよね。
  DSC08806.JPG  DSC08807.JPG  DSC08808.JPG
そんなときはショートテスト、これで不具合があるのが一発で分かります。このショートテストができないスキャナーも多いので、この機能すら知らない方もいらっしゃいます。

クリアも一気にできるので簡単、アレはクリアしたっけ?なんてこともなくなります。
    DSC08809.JPG


スティードのレギュレーターが届いたので交換
      DSC08811.JPG
納車早々”出先でエンジン掛からなくなっちゃったよ・・”なんてことにならなくて良かった〜

新しい仲間も入荷、散々いじり倒さないと分からないことばかりです。
        DSC08814.JPG                  


posted by じんちゃん at 20:09| Comment(5) | TrackBack(0) | 国産車整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新しいスキャナーはあれですよー
Posted by 酒豪ターボ at 2012年09月26日 23:06
酒豪ターボさま
ホント、あれですー
Posted by じんちゃん at 2012年09月27日 07:55
あれですか?噂の?
Posted by 山下 at 2012年09月27日 08:05
山下さま
そうです。

これを使って見積もりしてもらった部品をゴニョゴニョするつもりです。

送料の見積もり待ちですが、部品が到着したらレスポンスや信頼度なんかを電話でお伝えします。
Posted by じんちゃん at 2012年09月27日 11:51
逆接ーーーーー!!!?

頑張ります(汗)
Posted by hiro at 2012年09月27日 12:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック