過去の記事は、こちらからご覧いただけます。

2014年03月27日

フランスだったりイギリスだったり

セニックRX4の不安要素集中整備
  IMGP2712.JPG
ブースターでエンジン始動して入庫されたので、バッテリーはユーロブラックに交換

11万kmですがタイミングベルトを交換した記憶がないそうです。
    IMGP2715.JPG  IMGP2716.JPG
SSTは作ってあるので安心

エンジンマウントも千切れてないので再利用
      IMGP2718.JPG  IMGP2719.JPG
ウォーターポンプも同時交換しましたが、テンショナーがこんな状態だったので危ない所でした。

ファーストアイドルが効かないのでプラグを交換
        IMGP2722.JPG
そしたら一発始動してアイドリングも良好、エンジンオイルとフィルター交換したらサービスランプも消えちゃいました。

あとはスタビリンクが届けば完成となります。



レンジローバー・ヴォーグはフロント左のストラットからエアー漏れで交換したそうです。
  IMGP2739.JPG
故障コードのクリアで入庫したのですが、こんな状態

既にポンプが廻らないので故障コードをクリア
    IMGP2740.JPG

フロントが高すぎるのでBMWに切り替え車高を下げればこんな感じ
      IMGP2741.JPG

車高のゼロポイントキャリブレーションしようと思ったけど
        IMGP2742.JPG

グルッと一回りしてくれば車高が上がるんじゃない?とオススメ
          IMGP2744.JPG
戻ってきたらこんな感じ、イイんではないですか〜

☆4月に車検のお車
お問い合わせいただいてますが、3%還元させていただきますので4月になってからご入庫下さい。                             
posted by じんちゃん at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | その他輸入車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。